カテゴリ: テレビ・芸能人

1: 名無しで@恐縮です( ^ω^ ) 2016/12/01(木) 00:18:16.18 ID:CAP_USER9
 “可愛すぎるビールの売り子”などと話題のタレントで現役大学生のほのかさんが、マンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)のグラビア界の“新星”を発掘する企画「ゲンセキ2016」で優勝したことが1日、分かった。ほのかさんは1日発売の同誌2017年1号の表紙、巻頭グラビア、センターグラビアに登場。白ビキニでビールジョッキを手にした写真や海につかり、大胆に胸の谷間を披露する写真などセクシーカットが掲載されている。

 「ゲンセキ」は、昨年も実施された企画で、8月25日発売の同誌39号から5号連続でエントリーした5人が巻末グラビアに登場。ほのかさんのほか、“正統派美少女高校生”の早乙女ゆうさん、“頭脳派メガネっ子”の加藤里保菜さんら5人がエントリーし、読者の投票によってほのかさんが優勝を勝ち取った。ほのかさんは1996年3月23日生まれの20歳。情報バラエティー番組「サンデージャポン」(TBS系)などに出演経験がある。デビューから約半年で、「ゲンセキ2016」優勝者となった。

 「週刊ヤングジャンプ」17年1号は、アイドルグループ「乃木坂46」の大園桃子さんが巻末グラビアに登場。箱石達さんの新連載「フルドラム」が巻頭カラーを飾った。

2016年12月01日
no title

no title

no title

no title

続きを読む

1: 名無しさん 2016/11/23(水) 07:53:35.72 ID:CAP_USER9
来年1月27日に発売される乃木坂46の齋藤飛鳥(18)の初となる写真集「潮騒」(幻冬舎)のビジュアルを22日、スポーツ報知が入手した。

「内に秘めるタイプ」(関係者)の齋藤が自分をさらけ出した。
沖縄・石垣島で物憂げにカメラを見る表情、海をバックに木の船に乗るカット、秋の北海道で遠くを見つめる…など、さまざまなカットが盛りだくさん。
今年10月に石垣島と北海道で撮影。
「気温と湿度が全然違うので、表情も違うとカメラマンさんに言われました」と振り返る。
題名はプロデューサーの秋元康氏(58)が名付けた。

ファンの間で「あしゅりん」のニックネームで親しまれる。
2016年は飛躍の一年だった。
11年に当時最年少の13歳でユニット入り。
美形な小顔でファッション誌「CUTiE」の専属モデルを務めるなど注目されていたが、徐々に人気を集め今年7月リリースの「裸足でSummer」では初のセンターに抜てきされた。
今やエース・橋本奈々未(23)が来年での卒業を発表しており、生駒里奈(20)や白石麻衣(24)らに続く乃木坂の顔として期待がかかっている。

写真集では、初公開となる水着姿も掲載。
18歳のさまざまな瞬間が切り取られている。
「自分では海が似合わないと思っていましたが『意外といけるね』とスタッフさんに言われたことがうれしかったです」と話す。

「一冊まるまる自分一人なので、本当に見てくれる人がいるか心配」としながらも「表情にもすごく差があるので、そこも楽しみにみてほしいです」とアピールしている。

◆齋藤 飛鳥(さいとう・あすか)
1998年8月10日、東京都出身。18歳。父は日本人、母はミャンマー人。
11年8月、最年少(当時13歳)で乃木坂入り。
小顔が自慢でファッション誌「sweet」のレギュラーモデルを務める。
158センチ。血液型O。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00000051-sph-ent

齋藤飛鳥 初写真集「潮騒」(幻冬舎)
no title

no title

乃木坂46 齋藤飛鳥
no title

no title

続きを読む

1: 名無しさん 2016/11/30(水) 02:28:27.39 ID:CAP_USER9
 女優の橋本環奈さんが、30日発売のマンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)第53号の表紙と巻頭グラビアを飾った。白いノースリーブで大胆に肩を出した写真が掲載されているほか、ショートパンツ姿を披露している。

 同号は、勝木光さんの「ベイビーステップ」が巻頭カラーに登場し、企画「ギャグ祭り」では、小林尽さんの「スクールランブル」の約8年ぶりとなる新作読み切りが掲載されている。同企画のセンターカラーのイラストのクリアファイルを抽選で100人にプレゼントするキャンペーンも実施されている。

 また寺嶋裕二さんの「ダイヤのA」の大喜利企画「ダイヤのA大喜利 冬の陣」も開催中で、優秀者3人に寺嶋さんの直筆色紙をプレゼントする。

2016年11月30日
http://mantan-web.jp/2016/11/30/20161129dog00m200030000c.html
no title

no title

続きを読む

1: 名無しさん 2016/11/29(火) 06:02:58.03 ID:CAP_USER9
「すぐに、ほしのさんだと気づきましたが、なんだか痩せて見えて……」(買い物客)
 
10月中旬の休日の昼過ぎ。東京・代官山に、4歳の娘とペアルックで歩くほしのあき(39)の姿があった。
13歳年下の夫で競馬騎手の三浦皇成(26)との不仲説が浮上、さらに今年8月には三浦が落馬事故で大怪我と、受難が続くほしのは痩せたように見えた。

「体調はまったく問題ありません。健康診断も受けていますし。
旦那が入院中だから疲れているのはあるけれど」

ほしのに代わって、そう答えるのは都内に住む彼女の母親だ。
4年前、三浦が飲み会で女子大生とキスする写真を女性誌が掲載して以来、何度も離婚危機が囁かれた。

「仲よくやっていますよ。娘は病院に毎日のように通っていますし。(三浦は)回復に向かっています。
退院は1月ごろにはどうかな、というところ。ときどき東京に戻ることはありますが、娘はほとんど茨城です」(同前)

2人は一昨年、茨城県内に敷地面積367平方メートルの豪邸を建てている。現在、ほしのは活動を休止しているが復帰は?

「いまはお休みをいただいているんで。こればっかりはねぇ……」(同前)

痩せても美貌は健在。早く復帰してほし~の!

(週刊FLASH 2016年12月13日号)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161129-00010003-jisin-ent
女性自身 11/29(火) 6:01配信

no title

続きを読む

1: 名無しで@恐縮です( ^ω^ ) 2016/11/27(日) 11:02:34.30 ID:CAP_USER9
30年連続で出場していた大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」に落選した歌手の和田アキ子(66)が26日、
自身のラジオ番組で、「紅白を見たくない」と話すなど悔しさをにじませた。

生番組のニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・00)の冒頭で、15分以上にわたり思いを語った。
「今年はね(紅白を)特に見たくはない」「テレビはNHKだけスクランブルかけてほしい」と、自分不在の紅白をとにかく見たくないことを強調した。

この30年間、年末の過ごし方は同じだった。
12月28日にヘアカットし、29日から紅白のリハーサルに参加。
合間に雑煮を作り、お年玉を用意して31日の本番に出演。
終了後に新年を迎えるとNHKホール内の神棚に手を合わせ、1月1日に海外に渡航。
「このルーティンをどうやって変えるのか」と戸惑っている様子だった。

テレビのバラエティー番組など、タレントとしての活動が目立つ和田には、以前から出場を疑問視する声が上がっていた。
だが落選が決まった後、インターネット上には「“あの鐘”を鳴らさないと年が明けない」「誰が“あの鐘”を鳴らすんだ?」など、
紅白で繰り返し歌唱してきた代表曲「あの鐘を鳴らすのはあなた」を除夜の鐘に重ねて残念がる書き込みが多数あった。
通算39回出場の番組の顔として親しまれただけに、“永遠のマンネリ”を楽しみにしていた視聴者も少なくないようだ。

“ゴッド姉ちゃん”の愛称とは対照的に、歌う前には極度に緊張することで知られる。
特に紅白の出演前はガタガタと体が震え、歌い終えると緊張から解放されるのか「ウワ~ッ」と言って楽屋に戻るのがお決まり。
自身の出演シーンを何度も何度も見返すなど、真剣に向き合ってきた。

ただ紅白を卒業したわけではない。「これからも歌い続けていく」と表明し、復活出場に意欲。
ファンやリスナーへ感謝の思いを語り「和田アキ子は不滅です!」と締めた。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/27/kiji/K20161127013798280.html
2016年11月27日 05:30

no title


https://www.youtube.com/watch?v=swmKoIQF-wI


あの鐘を鳴らすのはあなた

続きを読む

↑このページのトップヘ